プロフィール


玉木康司
1988年岐阜県岐阜市生まれ
岐阜高校卒業後、
愛知県内の大学学部・
臨床心理士指定大学院にて
臨床心理学を専攻。

「心・脳・身体」の繋がりについて研究する。

 

大学院在学中、人生初のうつ状態を経験し、
その後克服。

(※ただし大学院は2年間在籍後退学)


また、それと並行して、
ボディワークの資格である
(青木式)アレクサンダー・テクニーク
身技パーソナルコーチの
資格を取得。


これまでに身体教育家・ボディワーカーとして、
身技レッスン(
http://tamaki-miwaza.com)にて
プロのミュージシャン、音楽講師、
うつや対人恐怖症でお悩みの方、
肩こりや腰痛・首こりに悩まれる方、
カウンセリング有資格者などの方々に指導。

岐阜県立岐阜高等学校 吹奏楽部

を初め、東海地区の公立中学・高校 吹奏楽部
にて姿勢の指導も行う。

のべ1000人以上の姿勢・身体の使い方を指導する。





うつを克服した私の体験


ここでは私が心理カウンセリングと
ボディワークを組み合わせるという、
日本では新しいカウンセリングサービスを
考えるに至った経緯、カウンセリングや
精神的な不調に対する考えをご紹介させて
頂きます。

少々長い文章となりますが、
ご参考までにお読みいただけると幸いです。

※ここでは、技法についての
細い解説は割愛させていただいています。





~心理学の専門的な知識を学んだにも関わらず
「うつ」になってしまった!~


私は大学の心理学部を卒業後、
臨床心理士の資格を取得しようと思い、
臨床心理士指定大学院にて心理学を
専門的に学びました。


しかし、その過程で様々な葛藤があり
「うつ状態」となってしまいました。


「臨床心理士」は、受験資格に
指定の大学院進学・修士号の取得が
必要とされている、日本で最も難易度の高い
心理学の資格です。


しばしば、資格保持者は


「心の専門家」


と呼ばれることもあります。


私が入学した大学院では2年間の
カリキュラムを修了すると、
「臨床心理士」の受験資格が取得できる
というプログラムで、入学するのも
難関とされているところでした。


当然、入学にはそれ相応の心理学全般の知識や
英語の能力などが必要とされるため、
入学時には平均的な人よりも多くの
心理学の知識を持っていたことになります。


うつになった背景としては、
道徳的な問題について強い葛藤があったため
としておきます。
(詳しくはこちらをご覧ください)


とにかく、
私は大学院在学中に
「うつ状態」
となってしまったのです。


毎日のように強いネガティブな感情に襲われ、
時には死んでしまいたいとさえ思う状態でした。

何もやる気がおきず無気力状態。

客観的にみたら恵まれた環境にいることも、
頭では理解できていても、
嫌な感情や思考から脱却することはできませんでした。


~知識だけではよくならない~


このような状況の中で私は
「自分で自分を治療しよう」と考えました。

元気になったときに出来るだけ
多くの知識を得ようと、
とにかく心理学の本を読み漁りました。


まずは大学院でも主流になっていた
「精神分析的」な考え方。

過去に原因を求め、
今の状態を解釈するということを行いましたが、
むしろ状態はますます悪化していきました。


また、
「ありのままの自分を受け入れることが大切」
などということも、
理論・理屈の上では分かっていても全くの無意味でした。

~心理カウンセリングを試してみる~


このままでは良くないと思い、

実際に試した心理療法がありました。
・認知行動療法
・臨床心理士による心理カウンセリング
(話しを聞いて頂く一般的なカウンセリング)


《認知行動療法》
こちらは持っていた本を自分で試して行いました。
認知行動療法は大きな助けとなりました。

嫌な感情が大きく減少し、
とても楽になりました。

ちなみに、
この方法は数ある心理療法の中でも
特に効果あるとされています。

ただし、それでもときおりやってくる
嫌な感情や思考からは自由になれませんでした。



《臨床心理士による心理カウンセリング》
大学の学生相談のカウンセリングサービスを受けました。
こちらはひたすら話しを聞いて頂くという、
ごく一般的なカウンセリングでした。

話しを聞いて頂くということで心の整理がつき、
ある程度、嫌な感情や思考が減少しました

ある程度緩和したものの、
まだ嫌な感情は残っており何か別の方法が
必要だと感じていました。




〜身体からアプローチする心理療法〜


《臨床動作法》
《マインドフルネス・ストレス低減法》
《アレクサンダー・テクニーク》
(身技レッスン、プレイシングメソッド)


この3つの方法には大きく助けられました。
これらの技法は
ソマティック(身体)心理学という分野に
あたります。
大前提として、
心と体は切っても切れない関係にある
という考え方をします。


どの手法も効果効能が
症例報告や科学的な調査で
認められていることもあり、
精神的にも、肉体的にも大幅に楽になりました。

特にアレクサンダー・テクニークは
プロの講師の方から教えて頂き、
多くの人に役立つものだと思い、
後に指導資格も取得しました。


これらの身体からアプローチする技法は、
効果が認められているにも関わらず、
日本では実践する専門家が少ないのが現状です。



~「心の専門家」も自分の問題に対処しきれない現実~


人間である以上、
完全に心をコントロールすることは
どこまでいっても不可能ですし、
心理学の知識によって人生が豊かに
なることもあると思います。


その一方で、
「心の専門家」ともいわれる臨床心理士の
諸先輩方や、他のカウンセリング資格を
お持ちの方の中にも、


ご自身の
「うつ状態」や「精神的な問題」に対処しきれず
苦しまれている方がいらっしゃいました。
(もちろんそうでない方も
たくさんいらっしゃいます。)


このような現実があることに
当時の私はショックを受けました。

「心の専門家」ならだれでも、
心理学の知識を使って豊かな人生を
送れるのだろうと思っていたからです。


臨床心理教育で学ぶ内容は
必要なものだとは思うのですが、

「じゃあ具体的にどうしたら良いのか」
「何を実践すれば良いのか」
「どうやって訓練すれば良いのか」

といった面で少し弱いところが
あるのではないかと思っています。


学問というのは日々進歩していくものであり、
それぞれに立場や哲学があるものです。


決して臨床心理教育を批判するわけでは
ありませんが、
【身体】や【脳】の存在を考慮しない、
言葉や知的なレベルだけのカウンセリングには
明らかに限界があると私は考えています。


つまり、
「うんうん、それはお辛いですね」
「苦しかったんですね」
「お話をじっくり聴かせていただきますね」

といった《ただ話を聴く》という方法だけでは、
精神的な問題を克服することは難しいということです。

じゃあ【身体】や【脳】を考慮すればどんなものでも治るのか
というと決してそうではないとも思っています。

「誰にでも100%有効な完全な方法などない」

というのが私の見解です。


ただ、
従来の考え方に
【身体】【脳】を考慮した技法を併用することで、

これまでどうしても
改善に向かわなかった症状に
好変化をもたらす可能性が
劇的に高まると考えています。

また、ありとあらゆる技法を
必要に応じて組み合わせることが大切なのです。


医学博士のD・ヒーリーもこのように述べています。
「私の意見では、身体的療法を用いず、
精神療法だけで成果を上げられると
期待するのは現実離れした考え方である
(抗うつ薬の功罪,p8より引用)」


また、(大学院にもよるかもしれませんが、)


(少なくとも私の通った)

臨床心理士の指定大学院での教育は、

原因論の考え方にあまりにも偏りすぎているのでは

ないかと考えています。


(簡単に言うと)原因論とは、

「過去が現在・未来を決定する」

「子ども時代の親の養育が今の苦しみを作っている」


といった考え方です。


これは、人を健康にするどころか、

未来に希望を描けなくし、

さらに抑うつ・不安感情が高まり、

不健康になるのではないかと思っています。


なぜなら、

過去に囚われやすくなることで、

親との関係など過去の出来事への憎しみや怒りが更に増幅され、

過去の解釈が更に歪み、

 

その結果、今現在の認知(ものの見方・捉え方)も歪み、


ご本人も、その周りの人も苦しみが増え、

誰も幸せにならない可能性が高まると考えられるからです。



私が大学院在学中に

 「うつ状態」を経験した

原因のひとつにこのことがあると今では思っています。



つまり、原因論に偏った心理学を学ぶことで

余計に不健康になる可能性があると考えています



アメリカ人心理学者ジェイムズ・ヒルマンもこのように述べています。

(諸富祥彦先生の著作より引用)


” 魂の心理学の立場から、

ヒルマンは、現代人の人生の感覚を狂わせているものとして、

トラウマ理論をとりあげ徹底的に批判します


私たちの人生は、

子ども時代の痛ましい体験が付けた

心の傷によって決定づけられる、とするトラウマ理論。



 しかしヒルマンによれば、私たちの人生を支配しているのは、

子供時代それ自体ではなく、


むしろ、子ども時代をそんなふうに想像するようにしむけている

トラウマ理論の方なのです。

トラウマ理論に慣れ親しんだ心理学好きの人は、

子ども時代を、両親との関係で人生がねじ曲げられていく時代として

連想するようになります。


しかし実際には、そのような「ものの見方」が

私たちの人生にダメージを与えるのであり、

それに比べれば、現実の子ども時代が与えるダメージなど

とるに足らない、とヒルマンは言います。


「過去のあの時、子ども時代のあの時に、

こんなひどい目にあったから、

その後私はこんな風にしか生きられなくなったのだ」


とトラウマ的な見方で、「私の人生物語」を編む癖付いてしまうと、

人生そのものが、安っぽい心理学的な物語に矮小化されてしまうのです

(トランスパーソナル心理学入門/諸富祥彦 p.185,186より引用)



以上、

私の主観ではありますが、

臨床心理士やカウンセラー、

心理学教育について思うことです。


~精神的不調は恥ずかしいことではない~


 

日本は経済が発展し、
物質的にも恵まれた国である一方、
ストレスが多く、心の豊かさを失いつつ
あるのではないでしょうか。


近年、精神的な不調を訴える人の数も増加し、
休職される方も多いと聞きます。


こうした社会の中で、
精神的な不調感を抱えることは
決して恥ずかしいことではないと思います。


社会の状況が改善されるべきと思う一方で、
現実的なことを考えると
やはりすぐには難しいでしょう。

したがって、社会の難しさを認めつつも、

「どうしたら心身の健康維持ができるか」

ということを考えることが
大切だと思っています。




~ストレスとうまく付き合う技術~


 

それを実現するためには


「ストレス」


と上手く付き合うことが必要不可欠です。


 

どんな精神疾患でも、
ストレスはほぼ間違いなく関わっています。



名駅 ストレスカウンセリング オフィスでは
ストレスと上手く付き合い、
うつを根本から改善するための
具体的な方法・技術をお伝えしています。


私自身、
肉体的・精神的な不調を経験しましたので、
その大切さは身にしみて感じておりますし、

自分と同じように苦しまれている方の
助けになりたいという思いがあります。


また、臨床心理士をはじめとした
心の専門家」の方々にも
ご紹介したい内容となっております。

具体的にはこちらをご覧ください。

~なぜ体験セッションが無料なのか~

これにはいくつか理由があるのですが、一番は・・・・


《少しでも多くの方に知って頂きたいから》


です。


今日の日本では、
ストレスで苦しまれている方は本当に多いでしょう。

ネガティブな思考や感情が
グルグルしてしまう苦しみは、
それぞれ人によって違うというものの、
ある程度は体験を通して知っているつもりです。


お金があっても、地位や名誉があっても、
そうなってしまったら本当に苦しいでしょう。


そうした方の助けになりたいと
心より思っています。


また、専門的に心理学を学んだ者として、
従来の言葉によるカウンセリングだけでは
改善できないケースがたくさんあることも
知っています。


従来の方法の良さも認めつつ、
身体からアプローチする方法を
併用することが大切なのです。


もう一つの理由として・・・・・


《クライアント様に本当に納得してサービスを買って頂きたいから》

です。


もちろん一回のみのカウンセリングでも
効果はあるのですが、
本当の効果を実感して頂くには、
どうしてもある程度の回数を必要とします。


これは、ただお話を聞かせていただく以上に、
クライアント様に身につけて頂くスキルがあるからです。


 

12回のコースカウンセリングを
ご準備させて頂きましたが、
体験セッションは

役に立ちそうかどうか

をクライアント様にご判断して
頂くための時間です。


効果の実感に関しては自信があります。
「あっ!」っと驚くような面白い体験もして頂けることでしょう。


きっと充実した時間となりますので、
お気軽にお越しください。
お会いできることを楽しみにしております。





【番外編】                  私がうつになった理由、カウンセリングをする理由


私がうつになった理由、カウンセリングをする理由



ここでは私の自己紹介と、

精神医療・心理学教育について思うこと書かせて頂きます。




先ほどの文章と重複する内容もあるかと思いますが、

ご了承頂けると幸に思います。

 

 

 

私は臨床心理士の指定大学院在学中に

うつ状態を経験したのですが、


原因は、

道徳的な葛藤や矛盾を強く感じたからです。




まず、私の家系は、

精神科病院を運営しています。


もともとはそこを継ぐために

臨床心理士の指定大学院に行きました。



しかし、いろいろな人や本から病院・仕事について情報を得ると、


・病院は利益を出すことが優先される

・だからお金にならないカウンセリングは

   原則行われない

・患者さんを薬漬けにすれば簡単に利益がだせる

・もし心の病気になっても、絶対に心療内科や精神科には行かない方がいい

・なぜなら本当に病気にさせられるから



このようなことを、

実際に携わっている

医療関係者や書籍などから耳にしました。




決して私の家族の運営している

精神科病院が悪いことをしているとか

そういうことではなく、


精神科医療そのものに

問題が多くあるのだと思います。



もちろん、

精神科病院は社会に

なくてはならないものです。


救われる方もたくさん

いるでしょう。


その一方で、

薬を大量に処方され薬漬けにされたり、


診断・見立てという言葉のもとに、

安易に病気扱いされるなど、


弊害もたくさんあると思います。



特に薬に関しては、

客観的なデータを見ても、

この10年くらいで、

莫大な利益を出しています。


凄まじい成長産業です。


製薬会社のマーケティングが上手くいったから、

このような状況があるのか、

それとも、本当に精神的な問題を抱える人が

増えたからなのか、


真相は定かではありません。



ただし、間違いなく言えることは、


メンタルの薬は、

・依存性が強い

・なかなか治らない

・場合によっては国からの補助金が降りる


この3本柱があるので儲けようと思えば

簡単に儲けられます。


また、

診断基準(DSM)は誰にでも当てはまるので

簡単に病気として診断できると考えられます。

(DSMに対する批判もたくさんあります)


精神科医療の全てが「悪」とは思いませんが、

他の領域に比べ、闇が深いのではないかと

今でも感じています。




このようなことを色々と考えていくうちに、

心がだんだんおかしくなっていきました。


将来、自分が携わる仕事に、心の底から

誇りや、やりがいを感じられるとは思えませんでした。


当時、

臨床心理士の指定大学院に在籍していたので、

同期の仲間に話しましたが、

誰も関心を示してくれませんでした。


 

とても孤独でした。


 

また、

大学院で心理学を学べば学ぶほど、

自分の心が不健康になっていくようにも

感じました。


精神医学や心理学の視点が強くなり、

人を「病気」としてしか

見られなくなっていきました。


本当は、

かけがえのない一個人が先にいて、

その後に、病名が付けられるものです。


なのにも関わらず、

「病名」が先行してしか、

物事を考えられなくなっていきました。


人を1人のかけがえのない大切な存在として

みられなくなっていきました。


結構、

そういう心の専門家は多いと思います。


簡単に人を病気扱いしてしまう

心の専門家は多いでしょう。


こうした心理士・心理士教育特有の風潮にも

気持ち悪さを感じていました。


また、

診断基準(DSM)や心理学理論・用語を、

本当に妥当なのか、合理的なのかといったことを

疑問にすら思わない人がたくさん

いるようにも感じています。




話が横道に逸れましたが、

大学院在学中、

私はだんだん心がおかしくなっていき、



「死んでしまいたい」



と毎日思うようにもなりました。




このような中で、

私はとにかく自分で自分の状態を良くしようと

元気な時は、たくさん勉強しました。


大学院で習う内容以上の

ことを学びました。


(それが、マインドフルネスや

アレクサンダーテクニーク

といったボディワークでした。)



とても役立ちました。


不快な感情や思考を、


10分くらいできれいに消すことができた!


という体験は、

大きな自信に繋がりました。



こうして、

少しずつ症状は良くなっていきました。


もし、こうした方法を知らなかったら、

多分今ごろ死んでいたと思います。





もうひとつ、私にとって大きなことがあります。



それは、友人からの温かい支えです。



当時、精神的におかしくなっていたとき、

大学院の先生(多くは臨床心理士)や同期の友達は、

ごく少数を除いて、何もしてくれませんでした。



 

 

「専門知識ってなんだろう」


 

 

 

って思いました。

先生はもちろん、生徒も、

かなり高度な心理学の知識を持っています。


 


普段の授業で、

・ありのままの相手を受け入れることが大切です。

・共感することが大切です。



と習います。



 

しかし、


主観的ではありますが、

私にはそういった雰囲気をあまり感じることはできませんでした。



一方で、

本当に支えてくれたのは、

専門知識を全く持たない

友人からの励ましでした。


状態が良くても悪くても、

一生懸命理解しようとしてくれました。

受け入れてくれました。




再び、同じことを思いました。


 

 


 

「専門知識ってなんだろう」


 

 


と。



私は、専門知識とは、

目の前にいる苦しんでいる人の

役に立つものだと思っています。


小難しい、

専門用語を並べ立てるのは、

本物の専門知識ではありません。


 

「実際に役に立つかどうか」


 

ということが大切だと考えています。


※基礎研究においてはそうでないと思っています。

 

 

端的に言うと、



"現状の臨床心理士の教育内容が、

本当に役に立つのか疑問に思っています"


 

むしろ弊害さえあるのではと思うこともあります。


なぜなら、

臨床心理士でも、うつ病になり、

薬を飲み続けながらカウンセリングされている

方も中にはいらっしゃいましたし、


情緒が不安定な方や、

私には健康的だとはどうしても思えない方が

多いようにも感じていました。


(※すごく熱心で健康的な臨床心理士の方もいるとも思います。)

 

 

詳しいことは既に書かせていただきましたので割愛しますが、

私の考えでは、

心理教育そのものに

 

 

「人間の心を不健康にする要素が多分にある」

 


と考えています。

 


 

 

色々なことを書かせて頂きましたが、


精神科医療が悪いとか、

臨床心理士が悪いとか、



そんなことを言いたいのではなく、

(良い面もたくさんあると思っています)


具体的で役立つ方法論を知らない、

もしくは普及していないのだと思います。


 

一時期、臨床心理士の方のカウンセリングを

受けたこともありますが、

 

 

心理学の専門的な話になると

 

・なんでこんなことも知らないの?

・なんでちゃんと考えないの?

・なんでこんなに知識が偏ってるの?


 

と思うことの連続でした。



また、

「海外ではかなり認められているものを、

なんで日本の専門家は知らないんだ!?」


もしくは、

「なんで実践しようとしないんだ!?」


ということも、たくさんありました。



幸か不幸か、

私は自分自身が精神的にバランスを崩し、

それを改善し得る方法を

論理的にも体験的にも知ることができました。


 

また、友達や家族の大切さを

もう一度実感することもできました。



今では、

 

うつ状態になって本当に良かった!

 

とさえ思います。



 

そして、

もともと継ぐつもりだった病院も放棄しました。


今後私は

この経験を活かして、


できる限り短期間で苦しみを和らげ、

長期的に見ても、良い状態を保てるような

理論と実践を作り上げることを、

人生のテーマとすることにしました。


希望を持てなくなっている人が

もう一度希望持てるようになるような

仕事をすることにしました。




幸い、現時点でも、

・医学部生の方

・アメリカで博士号(哲学)を取得予定の方


などが、興味を示して下さり、

研究テーマの一部に組み込んで頂けそうです。


これからも仲間を増やして、

取り組んでいくつもりです。






この記事をお読みの方の中には、

精神的にお辛い状況にある方も

たくさんいらっしゃるかもしれません。


でも、大丈夫です。


苦しみがずっと続くことはありませんし、

絶対に打開策はあります。


希望を失わなくても大丈夫です。

どうか、無事でいて下さい。




このような個人的な体験を

最後までお読み頂き、

ありがとうございます。




うつの心が

 1000倍ラクになるメルマガ

ご登録はこちら⬇️

*メールアドレス
お名前(姓・名)
お名前ふりがな